医学部 臨床医学放射線医学Radiology

JapaneseEnglish

研究室HP

医局写真①20180524

放射線医学教室では,CT,MRI,PET-CTなどの最新の診断装置を駆使した画像診断学から,外部放射線治療装置 (Lineac),小線源放射線治療装置を用いた放射線腫瘍学,悪性腫瘍や外傷性出血などに対して血管塞栓術や血管形成術を行うインターベンショナルラジオロジ―(IVR)といった最小侵襲治療学の分野まで幅広い領域を対象に診療・研究を行っている。いずれも全身の疾患を対象としており,すべての診療部門と緊密な連携を取りながら取り組んでいる。また診療・研究と同様に大学の基幹である医学部学生及び卒後臨床研修医を含めた若手医師に対する卒前・卒後教育にも多くの教室員が熱心な指導に当たっている。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(ext.3236) +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-8096 / Email: radiol@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 的場 宗孝 主任教授

特任教授

  • 渡邉 直人

臨床教授

  • 南 哲弥

講師

  • 道合 万里子

学内講師

  • 髙橋 知子

助教

  • 太田 清隆
  • 近藤 環
  • 豊田 一郎
  • 土屋 直子
  • 土屋 紘一
  • 沖村 幸太朗
  • 建部 仁志

主な研究業績

部門別研究業績

  • Matoba M, Tuji H, Shimode Y, Kondo T, Oota K, Tonami H. Lesion regression rate based on RECIST: prediction of treatment outcome in patients with head and neck cancer treated with chemoradiotherapy compared with FDG PET-CT. J Radiat Res 2015;56(3):553-560. doi: 10.1093/jrr/rru123.
  • Watanabe N, Yokoyama K, Kinuya S, Tonami H. Evaluation of cytological radiation damage to lymphocytes after I-131 metaiodobenzylguanidine therapy by the cytokinesis-blocked micronucleus assay. Ann Nucl Med 2016;30(9):624-628.
  • Tsuchiya N, Doai M,Usuda K,Uramoto H,Tonami H.Non-small cell lung cancer:whole-lesion histogram analysis of the apparent diffusion coefficient for assessment of tumor grade,lymphovascular invasion and pleural invasion.PLoS One.In press.
  • Munetaka M, Hiroyuki T, Yuzo S, Hiroji N. Hisao T.
    Diagnostic Performance of Adaptive 4D Volume Perfusion CT for Detecting Metastatic Cervical Lymph Nodes in Head and Neck Squamous Cell Carcinoma.2018;211(5)1106-1111
  • Doai M, Tonami H, Matoba M, Tachibana O, Iizuka H, Nakada S, Yamada S.Pituitary macroadenoma: Accuracy of apparent diffusion coefficient magnetic resonance imaging in grading tumor aggressiveness.2019;32(2)86-91

主な外部研究資金

  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)(平成28年度~平成31年度) 渡邉 直人
    塩化ラジウム-223治療におけるリンパ球DNA損傷に関する研究
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)(平成28年度~平成30年度) 南 哲弥
    肝動脈化学塞栓療法における抗癌剤担体ナノ粒子の磁力による集積方法に関する研究
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)(平成27年度~平成29年度) 的場 宗孝
    頭頸部癌化学療法における新たな画像解析法による効果および予後予測法の確立
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)(平成25年度~平成27年度) 道合 万里子
    ストロンチウム治療後におけるリンパ球の放射線組織障害の検討
  • 第28回公益財団法人北國がん基金助成金(平成26年) 的場 宗孝
    頭頸部癌の化学放射線療法における治療効果予測因子としての Perfusion CTの検討